小論文の勉強の仕方

今日は小論文の勉強の仕方を書こうと思います。

私大の雄である慶應義塾大学では、小論文が課されます。

他にも青山学院大学のB方式、国立大学の多く(特に後期)や医学部でも小論文が課されます。

しかし、多くの受験生は小論文の勉強の仕方がわからない、だったり勉強したって意味がないなんて言ってほぼ無体策で試験に特攻します。

これではいけません。

受験というのは、他の受験生と得点で競争をしているのです。

相手が無対策で特攻しているのならこちらはちゃんと対策をして迎え打ちましょう。

そうすれば他教科では逆転できないくらい大きな差がつきます。

小論文の勉強の仕方はまず、正しい書き方を知り、そしてどんな種類の問題が出るのかを知り、そのことについて書く。それを小論文のプロの先生に添削してもらう。書く。添削してもらう。の繰り返しです。

予備校など行くななど言われますが小論文は添削してもらわなければ意味がないです。

小論文だけは予備校に行ってプロの講師に教えてもらいましょう。

この記事へのコメント